第一夜

こんな夢を見た。

豊音「さえー、しんじゃうよー...」

私が枕元で座っていると彼女は静かな声でそう言う。

彼女は長い髪を枕に敷き、輪郭の柔らかな可愛らしい顔を横たえている

続きを読む

私が書いたSSなどを投稿する予定です

要望・意見などございましたらTwitter,メールで頂けると嬉しいです

リンクフリーです

相互リンク・フォロー歓迎致します

当サイトに掲載される画像・動画の著作権は各著作者様に帰属いたします


Twitter:@arataso_

email:arataso_noyo@yahoo.co.jp


管理人 のよー


↑このページのトップヘ