白望から相談を受けたトシ修道士は、エイちゃんからもう鞍替えしたのかい?と言って、呆れていた。


そうは言うものの、二人の恋に両家の不和を終わらせる一縷の光を感じ、恋の手助けをしてくれることになる。

続きを読む

昔々、宮守の街に臼沢家と小瀬川家という二つの名家があった。


この二つの家は代々仲が悪く、しばしば争いを繰り広げて宮守の平穏を脅かしていた。


続きを読む

第二夜


こんな夢を見た。


まこの部屋を下がって廊下伝いに私の部屋へ帰ると行灯がぼんやり点っている。


片膝を座布団の上に突いて燻っている灯心を立たせると、花のような丁子がぱたりと朱塗りの台に落ちた。

続きを読む

↑このページのトップヘ